自己流の顔脱毛は肌トラブルの元

バナー

自己流の顔脱毛は肌トラブルの元

顔の産毛を毎日のように剃っている女性もいるかもしれませんが、毎日はやり過ぎです。


週に1度か何週間かに1度が適当な回数です。ただカミソリを使った自己流の脱毛は、肌トラブルの原因になりやすいです。


顔の産毛がなくなると顔色が良くなったり、化粧ノリが良くなるというメリットはありますが、それ以上に肌トラブルのデメリットが大きいです。さらに脱毛後のスキンケアを怠ってしまうと、肌にダメージを与えただけで終わってしまう可能性もあります。

顔剃りするときには、専用のシェービングクリームを使うことが必要です。



高いから、面倒だからといって石鹸や化粧液を塗って剃ってしまうと、肌に必要な角質まで削ってしまいます。

すると肌バリアを失った肌が赤くなったり、乾燥して肌トラブルを引き起こしてしまうことになります。
自分で顔剃りすると負担をかけてしまいますし、何度も剃らなければならないのは面倒です。



シェービングクリームを毎回買うよりも、プロの脱毛を受けた方が簡単でコストパフォーマンスが高い可能性があります。

医療機関で受けられるレーザー脱毛は、肌に負担をかけずにレーザー照射で毛の細胞を壊して処理していきます。

もちろんレーザー脱毛でも一時的には肌への影響は出ますが、ずっと続けて剃り続けているよりも肌への負担を減らすことができます。



顔は凸凹して複雑ですが、各部位の形状に合わせて照射することができるので、細かいところまで綺麗に処理することができます。