脱毛方法には複数の種類がある

バナー

脱毛方法には複数の種類がある

顔や体の脱毛をしたいと考えてる方は、まず脱毛の基礎知識を学んでおいてください。
例えば、処理の仕方にどんな方法があるかということです。

初めての方は一つの方法しかないと考えるかもしれませんが、実際には5つ以上の処理の仕方があります。



このように複数の処理の仕方があるというのは、本人にとっては選択肢が多いという点でメリットでもありますが、自分に合った方法でなければいい結果が得られないという点では、注意を要するものでもあります。

つまり、種類が多い分、どれが自分に合ってるのかよく比較しなければならないということです。



これから脱毛を受ける方は、この点を注意してください。

具体的にどんな方法があるかというと、光を使ったフラッシュ、うぶ毛から剛毛まで処理できるSSC方式、細いうぶ毛を処理したい方におすすめなIPL方式、医療機関でなければ受けられないレーザー、電気を使ったニードルなどがあります。
他にもいくつかの方法があるので、それぞれの特徴を見極めたり比較したりしながら、自分に合った方法を見つける必要があります。

ちなみに、家庭において自分で処理できる家庭用脱毛という方法もあります。



これは家庭用の機器を自ら使って処理する方法ですが、機器の性能が医療機関で使用されているものに比べて劣ること、また施術を行うのが本人であることから、サロンや医療機関で受ける脱毛に比べて仕上がりは悪くなります。

ともかく、処理の仕方に複数の方法があるということを知っておいてください。